1. HOME
  2. お知らせ
  3. 癌手術後1年 リハビリ記録  2018,JUN,9th
  • 癌手術後1年 リハビリ記録  2018,JUN,9th

    *リハビリ目標設定及びそのメニュー*

    先日の体験談で「・・半ばあきらめの人生の心境で毎日のリハビリはただ

    ただ先生の言うことを聞いてこなしているだけです。そんな状況のとき、

    今年の一月にブレインスパのセッションを受けたのです。

    そのセッションに少しずつ自分の行動や考えに変化が起きていることに気づきました。

    そうだ目標を設定しよう!それを一覧表にすれば、どこが足りなくてどこが

    過剰運動しているのか?がわかるようにしたのです。

    たかが一覧表とお思いでしょうが、これが意外と効果あります。運動部の反復練習のようなもので楽しみながらチェック出来、持続可能な方法です。

    それがこの体験談です。“リハビリ目標”の全部を紹介出来ませんが一部がこんな内容です。

    1.月日 / 曜日 / 天候

    カレンダー風に作成。 日曜の曜日は朱色 土曜の曜日は青色 です

    2.体重

    起床時の体重を目標設定しており、その目標に対して+なのか、

    又は ーなのか、例えば +〇〇.〇kg 〇〇.〇kg となります。

    目標に達していないと、その数字が朱色文字となり注意を与えます

    3.血中酸素濃度 / 脈拍数

    毎日の測定です。癌は多発性骨髄腫なので血中が気になります。

    運動の為にも脈拍数の値がオーバーしてないか?が気になります

    4.歩行リハビリの距離数 / 時間

    目標距離数に対して+なのか、ーなのか、結果において、その

    数字が、黒文字であったり、朱色文字となったりします。時間は、

    その距離に対して規定時間をクリアしているか否かを記録して行

    きます

    5.排便

    実はこれが大切。免疫力アップ、そして腸の状態が気になります。

    腸の活発な動きは免疫力に大きく作用し重要だと知ったからにはと、

    思っているところです

    6.飲酒

    これ!これが私にとって最重要課題です。いや、でしたと言った方

    が正しい!

    以前の私は社内で一位二位を争う酒豪でした。今思えばあの自慢は

    何だったんでしょうとふと思います。反省の色濃く

    その酒豪人が、晩酌は缶ビールを1本のみ、お客様を来たときは

    2本程度となりました。信じられないですか? 本当です!今では

    更に缶ビール1本を、なんと!妻と二人で缶ビール1本のみの晩酌

    です。

    酔いはセッションしている脳に多少の影響があるのでは?と勝手に

    思っているからです。

    この晩酌測定も、設定した数字(缶ビール1本) の飲酒に対して+な

    のか又はーなのかとなり、その数字が規定を越えた場合朱色文字と

    なり注意を与えます 因みに妻と二人で缶ビール1本の場合の数字

    は0.5本となります。

    尚、今月の累計平均数字は0.3本朱色文字となっています。

    今いまつくずく思います。凄いですよね~ このセッション効果は。

    私の最重要課題までも変えちゃうんですから・・

    7.メモ

    この欄には、この日リハビリや目標数値表で感じたこと感想

    形式に記録します。

    なぜ体重が増えたのか?食事の内容でご飯の量やおかずの量は

    適切だったか?等々。

    はたまた過度に甘いものを摂取しなかったか? などを記載し

    注意を促します

    私は癌です。ゴールの見えないバックパッカーで人生の旅をして

    いるようなものです。

    半ばあきらめていたような人生の心境でリハビリしていた時期は、

    どうしたらもっと早く歩けるようになるんだろうか?

    一日の歩行数を今の3倍にでもすればいいのだろうか?

    このまま良くならずにこの状態が続いたらどうしよう?

    このリハビリの全てが無駄になるのだろうか?

    仕事のこと、家族のことなど頭に入りません。

    ところがこの考えを一新したのです。

    まてよ、人生なんて生まれたときから神様が決めているのではな

    いか、運命と言う名のレールの上で生かされているし生きている

    ではないか。

    だったら、くよくよせずに運命を精一杯生き、人の役立つことを

    楽しく、自己管理と言う勉強を交えながら生きた方がず~と幸せ

    なのではないか。

    それらを妻、家族や仲間、仕事が望むはずだ、と強く思うように

    なり変化して来たのです。

    今年の1月中旬からセッションを受けるようになり、その出会い

    は私の人生のターニングポイントとなりました。

    有り難うございます。心から感謝申し上げます。

    癌オジサン 🙂 

     

    関連する記事


お問い合せ