1. HOME
  2. お知らせ
  3. いよいよ会社復帰! 最初の一歩だ! 2018,NOV,24th
  • いよいよ会社復帰! 最初の一歩だ! 2018,NOV,24th

    2018年11月24日 会社復帰に対する質問から

    こんにちは

    一か年ぶりに横浜中華街にて食事をして来ました。

    メンバーは15年来の私の顧客である企業の社長と当社の社員

    のたった三人ですが、久々の食事会のせいかなんと4時間となり

    ました。過去の話や将来性のある話と、とても有意義な時間を過ご

    すことができました。

    さて、その席上での話をなぜ体験談を書こうと思ったかと言います

    と社長からの質問があり、その回答3つを紹介するためです。

    一つ目は、「会社に復帰するにあたり業務は何をなさるのですか?」

    と遠慮がちにこっそり小さい声で質問してきました。

    私は大きな声で「はい、既に決めています!」と胸を張って具体的に

    大きな声で回答しました。「えっそうなんですか?既に?」と社長から。

    二つ目は、「給料はどのくらいもらえるのですか?」

    と、これも遠慮がちにこっそり小さい声で質問してきました。

    おおきな声で回答しました「どのくらい欲しいのではなく、どのくらい

    会社に貢献できるか?どのくらい会社に利益をもたらすことが出来る

    か?それによって決めてください」と伝えます、と。

    「なるほど~おしゃる通りかもしれませんね」と納得されていました。

    三つ目は、「実際のところ、世間で言うシニアと言う年齢のくくりはどの

    時点で線引きはしたらいいのでしょうかね~ 幾つからですかね~」

    これは大きな声で質問して来ました。

    「その方の働き方次第です。定年になったので今後はのんびりと趣味等

    で過ごします。」という方はこの時点でシニアです。

    「私は未だ会社においてこんなことをしたいのです。そうすると会社には

    こう貢献でき、このような利益構造が生まれます。こういう方は未だシニア

    ではありません。

    つまりシニアの線引きは本人の意識次第と考えます。」

    質問してきた社長は三つの回答に対して「なるほど!」と大きな声で答えて

    くれました。

    間髪入れず即回答が出来たのも、きっとセッションを受けているせいでしょう。

    以前の私でしたら確実に「う~んどうでしょうかね~、難しい問題ですね~」と

    言っていたはずです。

    これはどう見てもセッション効果では、と思うときでした。

    有難うございます。

    関連する記事


お問い合せ