1. HOME
  2. お知らせ
  3. 死の恐怖ーパンドラの箱ー
  • 死の恐怖ーパンドラの箱ー

    2018.4.25カテゴリー: お知らせ, 体験談

    最新ソフトの体験続々と集まっております
    鈴木るみも体験を書きたいと思います

    鈴木は幼少時から「ものすっごい死への恐怖」がありました。
    小学生の時などは、このまま大人になって子供を産んだらばその自分の子供も
    「この死の恐怖」とともに生きるのか? だったら可哀そうでとても子供なんて産めない!
    と願っており、子供を産まない人生をなぜか生きております(願いが叶っているともいえる)
    スリランカに住んでいた時は、そりゃもう内戦の真ん中でしたので、そこら中で爆発したり
    友人が死んだり「死」がさらに身近になり「死への恐怖」との闘いもとても激しくなりました。
    PTSD、ヒステリー、ウツ、ナルコレプシーがカクテル状態で襲い掛かり多剤の精神薬の生活になっていきました。

    最初に旧式のリニア式ニューロフィードバックに出会った時ごつごつっとした「死の恐怖」が平たんになりました。他の人間的な感情も減少したけども「あの恐怖から逃れられた」のでそれはそれは本当にOKとしてました。

    ニューロプティマル®に出会った時、一回は無視を決め込んだ「パンドラの箱(死の恐怖)」に再びそーっと手をかけている自分がいて、そのパンドラの箱を自分の匙加減により少しづつ焼却しているような感じでした。その作業はおそらく永遠に続くなって思いましたが、それはそれでフラクタルの連続なのでその作業を伴う自分自身を尊いなって思えました。(自分でできるとこまで行ってみようって思ってこの人生に価値が出てきた)

    そして最新のニューロプティマル®3のテストチームとして何十回もセッションを繰り返すうちに朝方とてもビビッドな夢を見るようになりました。そのたびに「これで良いんだ」という気づきを得る事ができるようになってきました。「死」という一時的な事よりも「死」さえも連続している大きな流れの一部であり、それだから、たった今「この身体でこの苦しみを乗り越え、この環境でこんな事しているんのだ」という確信になりました。パンドラの箱はそれは自分の一部かもしれないけどもそこにあえてフォーカスすることも無くすべて含んだ自分をホリスティックに楽しんでいけば良いし80歳になっても90歳になってもその続きを楽しみ続けて行く事を自分で決めればそれでいいんじゃん!という事に自分の「信」が大きくパラダイムシフトしました! 楽しくてたまらないぜぃ!(^^)!

     

    I’d like to share my NO®3 experience.

    Tremendous fear of death had always been with me since I was a little kid.

    I always thought as an elementary school kid, “I would feel pity for my child in the future because he or she would experience a very painful emotion of fear of death like me.”

    When I moved to Sri Lanka, I was surrounded with death around the clock because it was a civil war area. Gradually my body and mind got suffered, developing PTSD, hysteria, depression, and narcolepsy. Since then I had to take lots of medicine every single day for decades fighting against the fear of death.

    Then I met across a linear neurofeedback, and my emotion got flat. Fear of death receded, but my overall emotion had diminished and I felt that I just existed. I thought it was OK because I was no longer with the fear of death.

    When I encountered NeurOptimal®, NO®2 made me feel I happened to touch and open my pandora box which I pretended not to see. NO®2 urged me to organize my pandora box one step at a time. I felt gratitude for my life as I kept organizing my pandora box which has no end like fractal.

    At last I’m with NeurOptimal®3. After dozens of sessions, I have many vivid dreams and many Aha! moments just before I wake up in the morning. My Aha! moments are often related to death. “Right! NOW is a part of continuity. That’s why I’m this way and I have these challenges and this body.

    In the past I used to focus on death and spent every day processing its information. And now I see my pandora box from a different angle. The moment I live is a cutout of a spreading long continuity. Because of this continuity, an 80 or 90-year-old can enjoy one’s life to the fullest.

    My pandora box doesn’t really matter. I don’t have to cling to it. The whole me got burst open with a paradigm shift.

     

    関連する記事


お問い合せ