1. HOME
  2. ブレインスパ®知識
  3. アルツハイマーと脳トレ
  • アルツハイマーと脳トレ

    2018.12.26カテゴリー: ブレインスパ®知識

    アルツハイマー病だったソニアさん

    ブレインスパ®のマシンをメンテナンスするのは、時差の関係で深夜から明け方にかけてです。カナダのゼンガー社にマシンをつなげて、チャットを使ってメンテナンスします。メンテナンスの時によくお世話になっている、クレイグ・ウォーカーさんのお母さんは、ソニアさんといいます。

    ソニアさんは、20158月にアルツハイマー病と診断されました。いつも一人きりで部屋に籠り、ベッドやソファで横になっていました。日常生活がままならなくなり、緊急入院を繰り返した後、病院の施設に長期入院していました。

    息子であるクレイグ・ウォーカーさんは、20162月から、お母さんのソニアさんにニューロプティマル®(ブレインスパ®と同じ)のセッションを開始しました。週2回のペースでセッションを続けていくと、アルツハイマーの症状が次第に改善していきました。しばらく週2回のセッションを続けた後、毎日セッションするようになりました。セッションを始めてから1年後には、アルツハイマーとは思えないソニアさんになりました。

    セッションを100回終えたころ、息子であるクレイグ・ウォーカーさんは、ソニアさんのビデオインタビューを作りました。その後も、クレイグ・ウォーカーさんはソニアさんのビデオをYouTubeに 「#Ask Sonia」 として、定期的にアップしています。楽しそうなソニアさんをぜひ見てみてくださいね。

    関連する記事


お問い合せ