1. HOME
  2. ブレインスパ®知識
  3. 新バージョンがもたらしてくれる人類の可能性について
  • 新バージョンがもたらしてくれる人類の可能性について

    2018.11.18カテゴリー: ブレインスパ®知識

    2018年4月まで使っていたシステムV2はなんと7年間もモデルチェンジをすることなく、心や身体や人間関係の不調和を調和にしていくために役に立ってきた凄いテクノロジーだった

    その威力は他の脳トレマシンの比ではなく、PTSD、ウツ、不安、不眠、薬物依存、TBIなど様々な方がこのテクノロジーによって短期間にもっともナチュラルに克服をされて、自身の新しい可能性にチャレンジをしている
    私達トレーナーもそのマシンを使って色々な科学的実験会を催してきた
    主にはグループワークである
    10名ほどで集まりそれぞれが自分の右の脳の電位活動を隣の人に開示する方法で丸くトーラスの形を作って個人脳の電位活動の情報をユニバーサルランゲージという言語を用い共有することで、その人の能力を大きく超えたパフォーマンスが可能になる
    グループセッション(特にイマーシブな連続でのセッション)は何も他からの刺激を入れる事無く集まった人の電位活動を開示しあうという行為だけで、全員が変容意識状態になりまるで深い集団瞑想が成功した時に行きつくだろう平和感がこみ上げたりもして、その後数日あるいは数か月にわたって起こる以前には体験した事の無いシンクロニシティーを体験したり、気持ちや動作が同時に起るという量子エンタングルメントを体験したり、世界がつながりワンネスであるというグローバルシンクロニーを体験したりもした
    もちろん自分の意識が以前に無かった少し高いところにあるという気づきも毎日ふとある瞬間に感じたりもしたりしていた

    そんな中2018年4月17日にもっとも新しいこの会社の集大成ともいわれるNO3が全世界にリリースされたのである。
    このマシンはさらに脳のミラーリングの性能が上がったのではなく、ミラーリングの仕方が全く違うものになっていたのである
    V2は脳という4次元な動きをしているその電位活動を2次元に落とし込み無理やりグラフ化してミラーリングをしていたのに対し、NO3は脳の4次元的な電位活動をそのままそっくりクリスタルの中に映し出したように4次元ミラーリングをしているのである。もう2次元に落とす事もしなくなったのでいままで若干発生してた違和感が全く無い状態でのスムーズなセッションをすることに成功したのである
    (2次元=Frequency,Amplitude   4次元=Duration,Intensity,Frequency,Shift)

    また・・・ここが明らかにV2と違う点として、NO3は今まで脳トレ業界がタブーとしていたガンマ領域のミラーリングもしているという事が明らかになっている
    ガンマ領域というのは神の領域ともいわれており、瞑想家や気功師など極めている人からガンマ領域の中でも高い周波数(50Hz~60Hz)が一般の人の7倍から8倍が出ていると言われている
    ガンマが出ると言う事は直観力が上がり、上(どこをもって上と言うのかは不明)とつながる能力が増し、予知の能力が冴えわたり、そして自分を俯瞰する能力が備わる(もともと備わっているのだが磨かれて能力を増す)また意識をテレポートしたり、時空が自由自在になるともいわれている。つまり神に近い能力がどんどん出てくるというわけである。ミケランジェロの書いた有名な脳の絵(脳が神で地上の人間に手を差し伸べている絵)が想像される。人間が神の領域にそっと入る時代が来たのである。そしてそのガンマのミラーリングをし続けていくと何が起こるかというと(おそらくそれは私のタダの仮説になると思うが)ガンマ周波数がその細かさを増す。つまりガンマの上層部がどんどん広がり、おそらく70Hzくらいまで広がると予測される。70Hzまでガンマ広がるとそこはもう神の領域を超える絶対的な宇宙の秩序と同期する事になるだろう

    このテクノロジーは新しいDNAの新人間に進化させるテクノロジーであると言われている。開発者もそのようにレクチャーしている。つまり地球人が新人間に進化すると言う事は地球が新しい「悲惨」の無い星に進化し優れた星の仲間入りをする事ができるという大チャンスととらえても良いかと思う

    私達のニューノーマルを毎回実感し楽しみながら建設していく作業に、今、参加しない事こそがなんてもったいない事かと思う
    この偉大なる作業に参加して無心に進む事が実は自分の悩みや病や人間関係を一番簡単に克服する方法だと確信する

    縁した誰もがセッションにとにかく一回でも多く参加することにより起こるであろう「地球の生まれ変わり」の仮説をアップデートしていきたいと思う

     

     

     

    関連する記事


お問い合せ